任意整理とは


任意整理自己破産をすれば借金から解放される、でも前項のような大きなデメリットを背負うことになる。こうした特徴に負担を感じる人には、任意整理がおすすめです。自己破産ほどの返済減額はできませんが、少ない負担のもと、生活を少し楽にしてもらえます。

具体的に任意整理とは月々の返済額を減らせる方法として覚えておいてください。仕組みとしては、借金の取引開始時にさかのぼって金利を再計算し、利息制限法に見合った利息を適用し直すというものです。さらに金利カットされた返済は、借金業者との相談を経て3年程度の分割返済ができる場合もあります。これにより、合法的な負担軽減が実現できるというわけです。

とはいえ、やはりこちらにも自己破産同様条件が伴います。まずひとつに、減額後の借金を3年程度で返済することが可能という点です。この3年程度という期間は必須であるため、この条件に見合わない人は利用できません。また3年程度で返済していくにあたり、継続した収入を得られる人でなくてはなりません。主には、この2点が必須となってきます。任意整理で借金を軽くできるとはいえ、借りたものを返さなければならないことに変わりはないのです。詳しい仕組みを理解した上で、うまく役立ててください。