自己破産のデメリット


自己破産自己破産は、借金問題の解決の中でもっとも強力といえるでしょう。負担を軽減するどころか、返済額のすべてを免除してもらえるためです。つまり、苦労していた毎月の支払いから完全に開放され、借金をする以前の生活に戻れるのです。何よりの解決策といえるのではないでしょうか。

条件としては、主に2つあります。まずひとつは、返済金の支払いが不能であると認められることです。これは裁判所において法的に審査されるため、クリアできるかどうかはやってみるまで分かりません。それこそ、弁護士の力がものをいうといったところでしょう。そしてもう一点、過去7年以内に免責を受けたことがないという条件も伴います。例外もありますが、7年以内に何らかの免責を受けていると、自己破産は難しくなります。

また、条件をクリアできたとしても極力自己破産はやるべきでありません。借金問題をきれいに解消できる代償として、大きなデメリットが伴うためです。それは、高価な財産が処分されるということです。つまり、借金問題を解決して借り入れ以前の生活に戻れるとはいえ、充実度については保証されません。その他、のちの就職に影響する、信用情報に記録されるため以降金融商品の利用が難しくなるといった点も挙げられます。