まずは気軽に相談を

相談任意整理の有効性を知れたところで、すぐさま実行に移せる人はそういないでしょう。法律に詳しくなければいけませんし、またそもそも特別な権限も必要となってきます。そこで心強く感じられるのが、弁護士へ借金返済相談です。任意整理のプロフェッショナルである上、債務者からの相談を広く受け付けているので、気軽にコンタクトをとることができます。弁護士と聞くと少し気構えてしまうかもしれませんが、その必要はないので安心してください。

多くの弁護士事務所や法律事務所では、資料請求や無料相談を受け付けています。つまり、特別な知識や十分なお金がなくても、気軽に頼れるというわけです。また任意整理は、数ある法律トラブルの中でも代表的な事例となっているため、多くの弁護士において力が注がれています。複数の選択肢から、自分に合ったところを選ぶと良いでしょう。

弁護士に任せられる借金問題の解消は、任意整理だけに留まりません。任意整理では返済額の減額が期待できますが、さらにお金を手に入れられる手段というのも存在します。近年話題となっている、過払い金請求です。こちらも任意整理と合わせて提案するケースも、増えてきているようです。いずれにおいても、まずは気軽に弁護士に相談してみてください。

任意整理とは

任意整理自己破産をすれば借金から解放される、でも前項のような大きなデメリットを背負うことになる。こうした特徴に負担を感じる人には、任意整理がおすすめです。自己破産ほどの返済減額はできませんが、少ない負担のもと、生活を少し楽にしてもらえます。

具体的に任意整理とは月々の返済額を減らせる方法として覚えておいてください。仕組みとしては、借金の取引開始時にさかのぼって金利を再計算し、利息制限法に見合った利息を適用し直すというものです。さらに金利カットされた返済は、借金業者との相談を経て3年程度の分割返済ができる場合もあります。これにより、合法的な負担軽減が実現できるというわけです。

とはいえ、やはりこちらにも自己破産同様条件が伴います。まずひとつに、減額後の借金を3年程度で返済することが可能という点です。この3年程度という期間は必須であるため、この条件に見合わない人は利用できません。また3年程度で返済していくにあたり、継続した収入を得られる人でなくてはなりません。主には、この2点が必須となってきます。任意整理で借金を軽くできるとはいえ、借りたものを返さなければならないことに変わりはないのです。詳しい仕組みを理解した上で、うまく役立ててください。

自己破産のデメリット

自己破産自己破産は、借金問題の解決の中でもっとも強力といえるでしょう。負担を軽減するどころか、返済額のすべてを免除してもらえるためです。つまり、苦労していた毎月の支払いから完全に開放され、借金をする以前の生活に戻れるのです。何よりの解決策といえるのではないでしょうか。

条件としては、主に2つあります。まずひとつは、返済金の支払いが不能であると認められることです。これは裁判所において法的に審査されるため、クリアできるかどうかはやってみるまで分かりません。それこそ、弁護士の力がものをいうといったところでしょう。そしてもう一点、過去7年以内に免責を受けたことがないという条件も伴います。例外もありますが、7年以内に何らかの免責を受けていると、自己破産は難しくなります。

また、条件をクリアできたとしても極力自己破産はやるべきでありません。借金問題をきれいに解消できる代償として、大きなデメリットが伴うためです。それは、高価な財産が処分されるということです。つまり、借金問題を解決して借り入れ以前の生活に戻れるとはいえ、充実度については保証されません。その他、のちの就職に影響する、信用情報に記録されるため以降金融商品の利用が難しくなるといった点も挙げられます。

借金が増えたら

借金がかさむと、みなさんはどのような選択肢を思い浮かべるでしょうか。もちろん、お金を稼いで完済できるに越したことはありません。投資やギャンブルで一発当てるというのも、理想的でしょう。ですが、そんな風にうまくいかない人がほとんどであるというのが、実際のところです。最後には、弁護士に相談して法的なやり方で解決にいざなってもらう形となるでしょう。

借金借金問題に強い弁護士は、できる限り負担の少ない方法を提案してくれます。というのも、一口に借金問題の解決といっても、実はいくつかの方法があるためです。この点こそが、弁護士に相談する大きなメリットでしょう。安心できる法的な手法の中から、ベストな選択をおこない、借金に追われている現状を軽減してくれます。

広く知られている借金の解消法としては、自己破産が代表的でしょう。ですが、だからといって安易におこなうべきではありません。自己破産には、大きなデメリットが多数伴うためです。ではいったいどのような方法が理想的なのか、それは任意整理に他なりません。任意整理のことを詳しく知って、負担の少ない借金問題解消を目指してみてはいかがでしょう。

以下では、自己破産のデメリット任意整理の特長について特集しています。自己破産と任意整理、双方の情報を把握することで、弁護士に相談する以前から借金問題の理想的な解決策を頭に浮かべることができるはずです。ぜひ、参考にしてみてください。